アメリカの雑誌に掲載されているファッションやコスメのトレンド情報、セレブのファッションを中心にご紹介!そして、International Shopping Coordinatorの経験から得たお買物をする際に役立つ情報などを発信します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
アメリカからなるべく安くお買物をする秘訣 Part1
今日も仕事モードです。
(明日は花金!週末が待ち遠しい~。♪)

ところで、今日のBlogのテーマは・・・「アメリカからなるべく安くお買物をする秘訣」です。
皆さんは海外のショップからお買物をする際にそのショップが「日本へ直送する」かどうかまずチェックしますか?

もしも「NO」だったら?
1.買物を諦める。
2.どうしても欲しかったら渋々転送サービスを利用して商品を購入する。

もしも「YES」だったら?
1.ラッキー!と嬉々として商品を迷わず購入する。

全て「ブー!!!!!!!」です。
買物を諦める必要はありません!
「渋々」転送サービスを利用する必要はありません!!
「ラッキー」とぬか喜びしてはいけません!!

「ショップから日本直送」は一見便利でお得なようですが、実は思わぬ落とし穴が・・・。

落とし穴その1:アメリカのショップは日本への発送になれていない人達が殆どです。(当然ですが)
トラッキングができて安心なのでUPS、FedEX、DHL、を利用することが殆どです。そのため、送料が倍以上することが結構あります。まずはショップがどこの運送会社を使うかをチェックしてみることをお勧めいたします。

落とし穴その2:USPSでの発送をしている場合でもEXPRESSを使うことが多いので高い!
USPSでの発送の場合Priorityだと荷物の追跡ができないと思っている人が結構います。というか、USPSの職員でも知らない人が多いです。実はできるんです!(注)Flat Rate EnvelopeとFlat Rate Small Boxを除く。
日本の郵便局のサイトへ行けばお荷物追跡ができます。これは各国の郵便局のシステムの状況によって違うため、USPSが把握していないのは当然かもしれません。でもPriorityの荷物の追跡は郵便局のサイトを使ってできるんです!追跡方法はこちらに記載しています。http://www.behappyusa.com/tracking.php

落とし穴その3:梱包をなるべく小さくして送料を節約しようという考えは全くないので、送料が高くつく場合がある!
アメリカのショップから届く荷物は商品と比較して驚くほど大きい箱にたくさんの緩衝材が入って届いたり、全く緩衝材は使用せず簡易包装でくる場合(半分開きかけてたり、ぱっくり開いていたりなどしょっちゅうです。)が多いです。几帳面に梱包をしたり、ましては海外に送料を節約するために、なるべく効率的な梱包をしようなどとは考えていないお店が殆どです。そのため、商品にダメージがあったり、送料が必要以上にかかったりなどという事態が発生します。

そう考えると「日本直送。ラッキー!」とは喜んでいられないですよね・・・

そこでお勧めなのは「転送サービス」です。
(転送サービスの詳細についてはこちらから⇒!http://www.behappyusa.com/transfer.php
転送サービスを利用することで、上記の落とし穴にはまらず、しかもプラスアルファの特典も期待できます。

メリットその1:どの発送方法が日本に荷物を送るのに最適かがわかっている!
お客様のご希望の配送方法を選んで頂けるよう配送可能な方法毎の料金を全て提示します。そして単にお安いだけではなく、お客様のご希望にあった(配送スピードや保険など)配送方法を選択して頂けます。ここで一番安い方法をお選び頂いた場合はショップからの直送よりも$100以上お安くなる場合もございます。
例えば5lbのウエスタンブーツをUSPSのPrirotyで送った場合は$39ですが、UPSで送った場合は$155します。
これだけで$100以上セーブできます!

メリットその2:正しい梱包方法がわかっている!
大事な商品を守るための必要最低限の丁寧な梱包をして、かつ送料の節約ができるようにお荷物を再梱包して日本に発送しています。そのため、必要以上の送料を払わずに、しかも、商品の破損などの心配をすることなく安心してお荷物の到着を待つことができます!(転送サービスをする代行会社さんの中には、再梱包をしないところがあるかもしれないので、その場合は事前にお問い合わせすることをお勧めいたします。)

上記のように$100以上の差がある場合は、もう検討の余地なしに「転送サービス」ご利用したいと思うかもしれません。でもショップによってはフラットレートを導入していて、お荷物の重さに関係なく、送料を一定のお値段に設定している場合もあります。その場合は、あまり送料の差がでなくて、逆に「米国内送料」がかかる分余計な出費になるのでは?と思われる方もいるのでは?

これについては「あまり心配要りません!」とお答えします。
なぜかというと、多くのお店ではある一定の金額を超えると「米国内送料無料」となったり、「送料無料のクーポン」コードなどが出回ったりしているからです。なので、そんなに気にする必要がないと思いますよ。

長くなってしまいましたが、最後に「もしも送料が同じか、もしかすると転送サービス代を含めると高くつくかも?」というケースの場合があったとします。その場合でも「転送サービス」が実はお金のセーブになる可能性があるのです。

それは・・・
日本へ送ってしまう前に米国内で荷物のチェックができる!
ということです。
残念ながらアメリカのショップから送られてくる荷物をお取り扱いしていますと、よく見られるのが「発送間違い」です。別のサイズだったり、カラーだったり、全く違うもの。先日一番びっくりしたのは、お客様が某有名オンラインショップよりバッグを購入されたはずだったのですが、お荷物を受け取ったら異常に重い・・・。開封してみると、なんと中身は「ケーキミックス」でした!もちろん同封されているINVOICEにはバッグの名前が・・・。明らかに「オーダーミス」ではなく、「梱包ミス」ですよね。ま、こういうこともあります。日本で受け取った後に、ケーキミックスを返品してそしてまたバッグを送ってもらうとなりますと、どれだけ時間がかかるか(たまにはお金も)わかりません。アメリカのショップはいくら彼ら側に責任があっても、商品が送り返されるまでは、正しい商品を送りません。そういうことを考えても時間とお金のコスト節約のために「転送サービス」有効かと・・・。


いろいろと語りつくせないこともあり、長くなってしまいましたが、あまりの長いタイピングにTonyが横で引いているので、この辺で終わりにします・・・。

ところで、タイトルにPart1がついているということは、シリーズものになるという可能性があるということです。
(あくまでも可能性・・・かな?)今後をお楽しみに!

スポンサーサイト

テーマ:ショッピング from アメリカ! - ジャンル:海外情報

【2010/03/04 21:07】 | 個人輸入の豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
在庫切れでも諦めない!
最近のお仕事に関する嬉しい事。

私のお客様の一人でDVFのドレスを探しているお客様がいらっしゃいました。
ご依頼を受けてDVFでお買物の代行しようと思ったら、全てOut Of Stock(在庫切れ)。
DVF自体はもちろん、どこのショップにもこのドレスは売られていませんでした・・・。jumee☆Feel Depressed4

ダメもとで、DVFのカスタマーサービスにメールをし、
「1着購入したいけど、在庫はもうどこにもないのか?他に買える場所場所があったら教えてください。」
とお願いしたところ。
「1着だったらあなたのために探してみるわ。見つかったら連絡します。」との返事。
アメリカのカスタマーサービスにしては、返事があっただけでも上等上等!グッド
でもここで浮かれてはいられない。このままなしのつぶてなんてよくあること。汗;

かれこれ1週間・・・思ったとおりなしのつぶて・・・
もう一度状況を聞くためにメールをしてみたところ・・・
「どこのお店にも見つからないの。いつ入手できるかわからないけど、入手できたら知らせるわ」との返事。
やっぱり・・・落ち込み

そんなこんなで1週間ほど経ったある日、突然メールが!Butterfly25
「あなたのために1着見つけたわよ。今オンラインショップを更新したからここから買物できるわよ。」
と、ショッピングページのリンクと共に嬉しいお知らせが!jumee☆LoVe1

アメリカのカスタマーサービスも捨てたもんじゃないなーと思った瞬間でした。
そして、結果は明らかに見えてるようでも、トライしてみないと本当の結果はわからないもんだなーと思った瞬間でもありました。

そのお客様は日本未入荷商品だったことと、思ったよりも安く入手できたということで、とても喜んで頂き、私もすごーく嬉しく思いました。

インターネットで海外からお買物している皆様!
たとえ、「在庫切れ」という表示がでても、諦めないで直接問い合わせしてみてください!
もしかしてどこかにあるかも、もしくは単に在庫管理の間違いかもしれません。
聞くのはタダ!
ちなみに・・・英語が苦手な方は弊社にご連絡ください、もちろん聞くのは無料!です。

お問い合わせはこちらからからできます。


テーマ:ショッピング from アメリカ! - ジャンル:海外情報

【2008/04/15 15:27】 | 個人輸入の豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
安全なショップの選び方
1. セキュリティがしっかりしているかどうか
個人情報を保護するためには情報を暗号化して送信する
セキュアーモードのWebサイト(SSL技術を使用したサイト)であることを確認しましょう。

<チェックの目安>※あくまでも目安です。
 ・入力フォームのアドレスがhttp://ではなくhttps://となっているか?
 ・このようなマークが表示されているか?

  hackersafe.jpg thawte.jpg verisign.jpg

 ・画面の下部に鍵のアイコンが表示されているかどうか?

2. 連絡が迅速でこまめかどうか。
お買い物をする前に、簡単な質問でいいので一度連絡を取ってみる事をお勧めいたします。
そのお店の姿勢や誠実さなどの判断材料となるでしょう。

3. サイト内のお客様の声(Tetimonial or Review)のチェック。
やはり、一番の信用は実際にそのお店を利用したお客様の声に限ります。

4. 第三者の評価。
アメリカにはBBB(Better Business Bureau)という機関があります。
さまざまな角度からそのShopを評価してAAA~NRでランク付けしています。
お客様からの苦情も受付し、情報収集をしているので、こちらで調ると一つの判断材料になります。

5. Return Policy(返金・返品)がしっかり表記されているかどうか。
アメリカでは特に返金・返品が基本サービスとして提供されています。なので、こちらのポリシーがはっきりとサイト上で説明されていないと、そのサイトは不親切と言えるでしょう。


6. 料金は明示されているかどうか。
(商品はもちろん、ShippingやHandling Feeなどもチェック)
一見商品価格が良心的(他社より安い)に見えても、ShippingやHandlingで料金を多めにチャージしてそこで利益をあげようとするお店もあります。商品価格だけにはとらわれず、その他のFeeも必ずチェックしてみましょう。

皆様が安心してお買物がエンジョイできますよう。心より願ってます!

テーマ:ショッピング from アメリカ! - ジャンル:海外情報

【2008/02/27 14:49】 | 個人輸入の豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
バックオーダーとは?
本日はバックオーダーについて考えてみたいと思います。

【バックオーダーとは?】
日本では「バックオーダー」という言葉を聞くことは殆どないですよね。
なんとなく意味は想像つくと思うのですが、バックオーダーとは・・・
簡単に言ってしまうと「在庫切れ」って事です。
「オーダーを受けたが、在庫がないので入荷し次第発送しますよ」という意味です。

【日本とアメリカののカスタマーサービスの違い】
何故日本ではあまり「バックオーダー」という言葉を耳にしないかというと、
日本のカスタマーサービスとアメリカのカスタマーサービスとの考え方の違いにあるのではと思っています。
日本は「お客様第一・お客様へ迷惑をかけることはご法度」といった感じの風潮がありますよね?
アメリカは違います。
「お客様は神様です」と昔どなたかが言っていましたが(古すぎてごめんなさい)、
そんな言葉を聞かせてあげたい!と思うほど、ずさんなカスタマーサービスをよく目にします。

【バックオーダーが発生する理由】
日本だったら在庫切れの場合、「在庫切れ」と表示したり、
もしくはオンラインショップでは売らないのが通常ですよね。
注文したのに「物がない」、もしくは「発送まで1ヶ月以上かかる」なんて、
お客様に迷惑がかかるようなことは最初から避けようとします。
アメリカは違います。
注文が入ってから、メーカーに発注するなんてことも平気で行われます。
だから「バックオーダー」という言葉が定着しているのでしょう。

【バックオーダー商品かどうかを知るには?】
どの商品がバックオーダーになるかということは、発注してみないと分からないことが殆どです。
連絡が来ればまだいい方ですが、連絡も無く平気で待たされることもマレにあります。

【バックオーダーが発生した場合】
複数注文した場合は、バックオーダーになった商品のみ後から送付され、
それ以外は先に送られてくる場合と、全てを待って一緒に送られてくる場合があります。
送付がいくつかに分かれる場合でも、送料は一回分のみの場合と、その都度とられる場合があります。
ショップの都合で勝手に分割して送っておいて、送料をチャージするなんて!
って感じもしますが、事実あります。

【キャンセルしたい場合】
アメリカのカスタマーサービスにも素晴しい点はあります。
キャンセルと返品は殆どの場合OKという点です。
もし待てない場合は、キャンセルしちゃっても大丈夫です。
キャンセル料などは発生しません。
一部の商品は(個人の名前入れたものやクリアランスのものなど)キャンセル・返品出来ない場合がありますので、購入前に一度ポリシーを確認することをお勧めいたします。

疑問な事がある方はお気軽に弊社までお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから⇒

テーマ:ショッピング from アメリカ! - ジャンル:海外情報

【2008/02/10 09:54】 | 個人輸入の豆知識 | トラックバック(0) | コメント(1) |
輸入税~関税・消費税について~
今日は輸入税~関税・消費税~についてまとめてみたいと思います。

【輸入税全般に関わるポイント】
1. 輸入税はCIF価格が1万円以下の場合は課税されません。
2. CIF価格(課税額)とは【商品代金+送料+手数料+保険料等】の合計金額を意味する。
3. CIF価格は、個々の商品の価格ではなく、郵送した1梱包の中身の合計金額となる。
4. 商品代金は実際の商品価格よりも卸売価格程度(約60%)に安く設定される。

【関税に関わるポイント】
計算方法・・・CIF価格×関税率=関税額 (100円未満は切り捨て)
1. 適用される関税率は「簡易税率」というもの。
2. 簡易税率が適用されるのはCIF価格が1万円以上10万円未満のもの。
3. 簡易税率は商品によって異る。
custom.jpg

4. 10万円以下でもこの簡易税率に適用しないものがある。
(食肉調製品、革製品、ハンドバッグ、ニット製衣類、履物など)
5. 1万円以上のものでも、関税率が0%で関税がかからないものがある。
(CD/書籍/電化製品/楽器/時計/化粧品/ウィスキー など)
6. 1万円以下のものでも一部適用外で関税がかかるものがある。
(皮革製バッグ、革製手袋、履物、タイツ、革靴、編物製衣類 など)

【消費税に関わるポイント】 
計算方法・・・CIF価格×0.05 又は (CIF価格+関税)×0.05←関税もかかった場合
1. 簡易税率が適用された場合は消費税は課税されない。
2. 簡易税率が0%で無税の場合は消費税が課税される。(←1の反対の意味です)

疑問な事がある方はお気軽に弊社までお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから⇒

テーマ:ショッピング from アメリカ! - ジャンル:海外情報

【2008/02/09 16:07】 | 個人輸入の豆知識 | トラックバック(0) | コメント(1) |
Profile

Hiroko

Author:Hiroko
東京生まれ。
日本で9年間働いた某ビール会社を退職し、最初の渡米は2002年でその後2006年よりアメリカ・ロサンゼルスに永住。

2004年に個人輸入代行業BeHappy!!! をスタートし、
自称International Shopping Coordinatorとして、お客様のリクエストにお応えして、多岐のジャンルにわたる商品を日本にお送りしています。

全く別の分野でビジネスを経営している旦那Tonyと二人三脚で叱咤激励しあいながら、夢の実現に向けて日々奮闘中。

モットーは・・・
笑う門には福来る!
一度の人生Enjoyしよう!
夢を持ち続ければいつかは叶う!
A quitter never wins and a winner never quits!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。