アメリカの雑誌に掲載されているファッションやコスメのトレンド情報、セレブのファッションを中心にご紹介!そして、International Shopping Coordinatorの経験から得たお買物をする際に役立つ情報などを発信します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
UGGはやっぱりオーストラリ産が一番!
アメリカに在住の私が言うのもなんですが・・・
UGGはやっぱりオーストラリア産が一番!グッド
というのが久しぶりのブログのテーマです。

UGGの人気は続いていますね!
BeHappy!!!でもUGGブーツをお買物されるお客様がとっても多いです。

日本で販売されているものやアメリカで販売されているものは、UGG AUSTRALIAというブランドのものが殆どだと思いますが、こちらは中国産です。

では、オーストラリア産のUGGブーツと言えば?
JUMBO UGG AUSTRALIA(R)かっぱえびせん

1986年からオーストラリア内で職人による手作りで製造を続けているブランドです。
オーストラリアでは人気のブランドで、オーストラリア政府から「最高品質のUGGブーツ」として
認められRマークをもらっているきちんとしたブランドです。

オーストラリアにいる私の友人や、Made For WalkingというオーストラリアのメルボルンでUGGブーツを取り扱っているショップオーナーさんも、オーストラリア産のUGGブーツを大絶賛しています。
少しでも多くの方にオーストラリア産UGGの良さを伝えたいということで、お二人のお話を掲載させて頂きます。

オーストラリア在住の友人より
「日本ではUGG AUSTRALIAが有名ですが品質の良さ、
中のシープスキンの厚さなどはJUMBOの方が上だと自信を持って言えます。
ふわふわのシープスキンが敷き積まれてありますがとっても軽くてみなさん驚かれます。
安物、偽物UGGはとにかく重いんで品質の良さはこういうところにも出るな、と思います。

カラーも全9色。最近日本でも大注目のブラウンゴールドもあります。
JUMBO独占カラーが多いので(例えばオレンジ、レッドルビー、水色など)これも人気の一つです。」

Made For Walkingオーナーさんより
「多くの人が中国産とオーストラリ産UGGの違いに気づいていないの。そこには大きな違いがあるのに・・・。実際に両方を手にとって比べてみないとわからないけど、両方を比べてみたら一目瞭然なんです。見た目やその履き心地はもちろんですが、何よりも大きな違いはその品質です。オーストラリア産はMerino羊皮を使用しているのに対して、中国産の殆どは、牛の皮の裏地にウールを付けています。是非多くの人たちに最高品質のオーストラリア産UGGを知って欲しいです!」

今はオーストラリアドルがだいぶ安くなっているので、オーストラリアから直接購入するのは、品質面でも経済的な面でもお得のようですね!

こちらのオーストラリア産のUGGブーツに興味のある方は、BeHappy!!!を通してお買い物が可能です。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
Shoppingサービスのお見積もりはこちらから→手紙
Shoppingサービスへのご依頼はこちらから→手紙
スポンサーサイト

テーマ:ショッピング from アメリカ! - ジャンル:海外情報

【2008/11/29 10:59】 | アメリカ人気商品 | トラックバック(0) | コメント(1) |
Profile

Hiroko

Author:Hiroko
東京生まれ。
日本で9年間働いた某ビール会社を退職し、最初の渡米は2002年でその後2006年よりアメリカ・ロサンゼルスに永住。

2004年に個人輸入代行業BeHappy!!! をスタートし、
自称International Shopping Coordinatorとして、お客様のリクエストにお応えして、多岐のジャンルにわたる商品を日本にお送りしています。

全く別の分野でビジネスを経営している旦那Tonyと二人三脚で叱咤激励しあいながら、夢の実現に向けて日々奮闘中。

モットーは・・・
笑う門には福来る!
一度の人生Enjoyしよう!
夢を持ち続ければいつかは叶う!
A quitter never wins and a winner never quits!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。